プロフィール

夢コープ STAFF

Author:夢コープ STAFF
夢コープのスタッフより、
日々の活動内容や介護・託児・
障害福祉サービスについて
紹介しています。

NPO法人ワーカーズコープ
夢コープ
http://www.yumecoop.jp/

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

どうぞの家です

 どうぞの家です 

年末年始となんとなくソワソワして、利用者さんも落ち着かない様子
でしたが、ようやくのんび~りとした時間が戻ってきました
どうぞの家では、毎年いろいろな作品を作っていますが、作品だけでなく
新聞紙や広告を使ってゴミ袋なども作っています



どうぞの家で作り方を覚えたTさんは、ご自宅でも熱心にゴミ袋を作り
持参して下さいます
ひょんなことから市内の中学校と繋がり、Tさんの作ったゴミ袋が生徒の
学校生活に活かされています。地域とどうぞの家・・・、そしてTさんを
手作りのゴミ袋が繋いでくれています
お隣の幼稚園から封筒作りの依頼を引受けたり、地域と繋がる取り組み
をしています・・・

http://www.yumecoop.jp/

西部事業所です

西部事業所です

今年度は、理学療法士さん・薬剤師さん・デイサービスの所長さん等、
外部から様々な職種の先生方をお迎えして、それぞれの立場から
色々なお話を聞く機会に恵まれています・・・

12/2(土)には、デイサービスの看護師さんを講師にお迎えして、
体調観察のお話をお聞きしました

  

まず、バイタルチェック(血圧・脈拍・体温)の実技指導を受けました
いつも通り血圧測定をしてみましたが・・・ マンシェットの巻き方が
強すぎたり エア管の位置が悪かったり 等ご指摘いただき、
正しい測定の仕方を再認識することが出来ました

    

    

体調観察の他、入浴時やペースメーカー・誤嚥の留意点なども教えて
いただき、とても有意義な時間でした
私たちヘルパーは、ご利用者が平穏に過ごしていただけるような援助をしていくためにも元気 でなくてはなりません
自身の体調にも気をつけていきたいですね

http://www.yumecoop.jp/        

中部事業所です

 中部事業所です 

~ 地域の皆様に感謝祭でPR ~
10 月14 日(土) 島田市宮川町公会堂にて、中部事業所による夢コープ感謝祭が行われました・・・
ぐずついた空模様 にもかかわらず、スタッフも含め80 名以上が集まりました
ヤクルト販売(株)の大石様による 「おなか元気教室」 では、腸をきれいにすることが健康で長生きの秘訣であることを学びました・・・。
   
   1s_中部

また、おでかけデイ 「夢コープいた」 のご利用者の方々は、365 歩の
マーチ に合わせて元気いっぱい「タオル体操」を披露してください
ました

     2s_中部

そして、チームハイビスカスの三線の演奏で、皆で 「涙そうそう」
「ふるさと」 を大合唱

   s_中部3

締めのじゃんけん大会 では、豪華賞品をかけて大盛り上がりでした
ヘルパーからの好意で集まった恒例のバザーも大変人気で、日用品などはアッと言う間 に売れてしまいました。売り上げは東日本大震災「みやぎこども育英基金に寄付します

http://www.yumecoop.jp/

しだ事業所です

しだ事業所です

10月21日(土) 
しだ事業所にて,ヘルパー交流会 『 しだ カフェ&マルシェ 』を
開催しました あいにくの天気 で、活動があったヘルパーさんも
いたので人数は少なめでしたが、来られる時間で事業所に寄ってくれ
ました
ヘルパーさん手作りの素敵なバッグ やおいしいお菓子 好評の
漬物・採りたて野菜 瀬戸谷コロッケ などが並びました・・・。
皆が持ち寄ってくれた、バザー品や衣類・靴を試着しながらじっくり
吟味し、みんなにぎやかにお買い物

   s_1しだ

出来たてのお好み焼きや焼きそばを食べたり、お抹茶・コーヒー
などで一息つきながら、ワイワイ楽しく交流できました

   s_2しだ

   s_3しだ
http://www.yumecoop.jp/

静岡事業所です

 静岡事業所です 

『県地震防災センター』に行ってきました
静岡事業所では、近づく「防災の日」を機会に、気持ち新たに心の備えをしようと、ヘルパー数名で8月25日防災センターを訪れました。
地理的に近いこともあって今回は2回目・・・。中の様子が以前と変わったのに驚きました
センター1階は、家の耐震補強工事具体例と様々な家具の固定法が展示されていました 家具固定の部屋と固定されていないものの違い、固定されていないが故の足の踏み場がなくなる様子がよくわかりました。

        s_静岡1

        s_静岡2

2階は、食料品 や日用品 の備蓄と便利グッズでした。携帯電話やスマートフォンの充電器具ブースが増えているのが、今までにない特徴でした。防災用トイレもよく工夫をしてあり進歩を感じました。食料品も以前より遥かに種類が増えて味も良さそうでした

    s_静岡3

         s_静岡4

事業所に戻り今できることとして、書類ロッカー転倒予防のためのゴムマットを下に入れました。それから、ヘルメットの数・位置の確認・防災トイレの数と収納位置確認等・・・。救急箱・防災ラジオの整備点検もしました。また、車椅子も防災用品の一つに加え整備確認しました
次に、昼間ヘルパー活動中の地震発生を想定しての確認事項
夢コープ手帳の“地震発生後の行動マニュアル”を読み直しました
被害も予想される地域なので  ヘルパーは、自分の命を守るために日頃から地域の防災組織や避難所 (事業所は “あざれあ” )をしっかり把握してもらいたいと申し伝えました
*県地震防災センター(静岡市葵区駒形通5-9-1)

http://www.yumecoop.jp/

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE