fc2ブログ

プロフィール

夢コープ STAFF

Author:夢コープ STAFF
夢コープのスタッフより、
日々の活動内容や介護・託児・
障害福祉サービスについて
紹介しています。

NPO法人ワーカーズコープ
夢コープ
http://www.yumecoop.jp/

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

どうぞの家です

どうぞの家です

今月は昔話『花さかじいさん』の立体壁画を作りました。
はなさかじいさん 幼稚園 (1)
ご利用者はかわいい園児たちの笑顔を思い浮かべながら細かい作業も熱心に取り組んでいました。
今は光長寺幼稚園の玄関に飾られ、園児たちに「花さかじいさんだすごーい」と喜ばれているそうです

2/5には火災避難訓練を行いました。
  避難訓練② (1)
冬は空気が乾燥し火災が発生しやすい季節です。
実際の火災報知器のベル音を合図にスタッフの指示に従い素早く防災頭巾をかぶり、ハンカチで口を覆い冷静に駐車場まで避難することができました。「逃げ遅れないようにね」と皆さん真剣な表情で取り組んでくださいました。
避難訓練⑤ (1)  避難訓練④ (1)

http://www.yumecoop.jp/

清水事業所です

清水事業所です

新たな年になり1か月が経ちました。
清水事業所ではいつもと変わらずヘルパーさんやご利用者さん、サービス事業所からの電話が入り、慌ただしい日々を送っています。訪問したご利用者の様子もその日のうちに変化を聞き取ることができています。いつもの日常ですが、昨年9月は違いました。

水害

台風15号により今まで経験したことのない水害、断水が起こりました。事業所スタッフは自らも被災している中、ヘルパーさんと協力してご利用者に緊急対応。一人暮らしのご利用者さんは食料や水に困っていないかなど、頭の中はフル回転。また、ヘルパーさんたちのスマホに33名のグループラインを開設したことにより、お互いの情報共有ができました。
手さぐりで対応したことばかりで、今となっては少しずつぼんやりとしてきていますが、隣近所がお互いを支えあったことは今でも地域の力強さとして忘れられません。まだまだ復興できず、ボランティアによる支援も続いています。
季節の変わる節目の節分を前に厄を払い、昨年の災害を教訓に変え、穏やかに通常の生活を送っていきたいと思います。
事業所開設当初に頂いた胡蝶蘭も新芽が出て春を待っています

支え合い

http://www.yumecoop.jp/

おでかけデイサービス夢コープいたです

おでかけデイサービス夢コープいたです

伊太の里では冬晴れの澄み渡った青空の中、暖かで穏やかな新年がスタートしました。
昨年10月には生きいきサロン時代からのご利用者が無事百寿を迎えられ、お祝いしました。今までずっと年齢を隠してきたので、ご本人が『100になったよ』と言った時の周りの驚きようがすさまじかったです。今年、100歳になる方も『ここまで(99歳)来たから何とかあと一年通いますよ!よろしくね!』と意欲的です。

2022クリスマス会
(12月 クリスマス会の様子)


今年はうさぎ年ですね
毎年、ジャンボ干支見学ツアーを楽しみにしている利用者さん達。12月初めから『うさぎ(干支)完成したみたいね』、
『いつ行く』とほぼ行く前提で聞いて下さるその気持ちに今年も全力でこたえたいと思います。
2023干支うさぎ
(島田市大代)

外出ボランティアさん大募集中です
よろしくお願いいたします。


http://www.yumecoop.jp/

富士宮事業所です

富士宮事業所です 

富士宮では11月3~5日に「浅間神社の秋祭り」が晴天の中行われ、今年は2年ぶりに山車(だし)が出て、街中は賑わいました。
一方で、道路が片側通行になるなど、ヘルパーさんが浅間神社周辺のご利用者宅へ行くのに時間がかかりました
DSCF23781 (1)

天気の良い日が続いたこともあり、散歩代わりに足取りも軽く「夢コープかわら版・秋号」を事業所周辺に配りました。いつもはヘルパーさんに配るのをお願いしていますが、ヘルパーさんに頼めない時はスタッフが配っています。
庭に出ている方に声を掛け、挨拶させてもらうと「あそこの事務所ね、知ってるよ」とおっしゃる方もいて、嬉しくなりました。「私も福祉関係に勤めてるの、どこも若い人が入らなくて困るよね」とか、介護保険について質問されたり
昨年からかわら版を配り始め、地域の方が少しでも夢コープのことを知って下さり、介護が必要な時は声をかけていただければと思います。
また、ヘルパー募集の声掛けも忘れず続けていきたいと思います。
                

http://www.yumecoop.jp/

沼津事業所です

沼津事業所です

ALSを患うご利用者が意思疎通の手段の一つとして、おでこに銅
線を貼ってパソコン操作を行っていましたが、今までの方法では
難しくなってきたこともあって、機械の更新に合わせて9月から
「視線入力」のパソコンを導入されました

沼津視線入力PC2
設定画面から「目」の動きを登録、定型文をいくつか作り、画面上に表示された定型文に視線を合わせて見つめるとパソコンが読み上げるという画期的な物です。
沼津視線入力PC3

初めはご本人もご家族もうまく見つめることができず、操作にとても苦労されたようです
毎日の特訓で定型文はほとんど伝えられるようになりました。これからも少しずつ練習され、いろいろな方とメールができる事を目標にされています

沼津視線入力PC1

http://www.yumecoop.jp/

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE